スキンケアからベースメイクまでたったの3分!BBとCCどっちを選ぶ?

BBクリームやCCクリームは、基礎化粧品からベースメイクまで1本で済むクリームで、時短メイクとして人気があります。

 

BBクリームは乾燥肌の保湿などスキンケアに重点を置いたベースクリームで、CCクリームはシミや毛穴を隠すなどファンデーション機能に重点を置いているクリームです。

 

ですが、2017年6月現在BBクリームとCCクリームの差が縮まっていて、大きな差はほとんどなくなりました。

 

今年はBB・CC機能名称にこだわらずに、肌色をきれいに整えてくれて保湿効果も高い「使ってよかった」を実感した順にランキングを構成しました。

 

おすすめBB・CCクリームランキング2017

肌の仕上がり感はもちろん、きちんと保湿できるのか、肌への負担をかける成分は抑えられるのか、などもチェックしました。

 

 

マキアレイベル薬用クリアエステヴェール

公式サイトへ 

 
こんなひとにおすすめ
ファンデーションがシワに入り込んで目立つ人に
毛穴が気になる人に
 
付けた瞬間に肌の透明感を実感⇒補正機能抜群!
一番自然な付け心地でカバー力もばっちりでした
 
カバー力 公式サイトへ
保湿力 公式サイトへ
コスパ 公式サイトへ

 

SPF35
PA+++
カラー 5色

発売元:マキアレイベル
13ml(1.5カ月〜2カ月分)※ハーフサイズ。35ml入りもあります
価格:税込1,980円
 
 

 

 

アテニアBBクリーム

くすみ隠しBBクリームアテニア
 
こんなひとにおすすめ
 
くすみをとって肌色を明るくしたい人に
肌の上でファンデがよれがちな人に
 
ナチュラルな仕上がりで伸びもよく、ヨレません。
人気実力トップクラスでリピーターが多い
 
カバー力 公式サイトへ
保湿力 公式サイトへ

コスパ 公式サイトへ

 

SPF30
PA+++
カラー 2色
※シミ・くすみをカバーしたい人はナチュラルがおすすめ。
肌色を明るく補正したい人はライトがおすすめ

 

 

 

発売元:アテニア
30g(約3,4カ月分)
価格:税込2,000円
 

 

ラウディBB&CCクリーム

公式サイトへ 

 
こんなひとにおすすめ
厚塗り感が苦手な人
BBとCCで迷ってどうしても決められない人
 
BBのカバー力とCCのツヤ感を同時に実現したハイブリッドクリーム
 
カバー力 公式サイトへ
保湿力 公式サイトへ
コスパ 公式サイトへ

 

SPF35
PA+++
カラー 2色

 

発売元:
25g(約2カ月分)
価格:税込1,944
 

 

ラナレイプリズムCCクリーム

 

 

こんなひとにおすすめ

 

マットな肌に仕上げたい人

厚塗り感が苦手な人

 

カバー力 
伸び
コスパ

 

SPF50+
PA++++
カラー 3色

 

発売元:ジョイウォーカー
30g
価格:税込3,780円
 

 

 

アヤナスBBクリーム

公式サイトへ 

こんなひとにおすすめ
 
敏感肌の人に

くすみをカバーしてしっかり保湿しますが、どちらかというと冬向きのクリーム
 
カバー力 公式サイトへ
保湿力 公式サイトへ
コスパ 公式サイトへ

 

SPF25
PA+++
カラー 1色

 

発売元:ディセンシア
25g(約4カ月分)
価格:税込3,800
 

 

 

米肌CCクリーム

米肌CCクリーム

こんなひとにおすすめ

毛穴をしっかりカバーしたい人に

 

カバー力 公式サイトへ

伸び 公式サイトへ
コスパ 公式サイトへ

 

SPF50+
PA++++
カラー 2色

 

 

発売元:コーセー
30ml
価格:税込3,780円
 

 

 

ドラッグストアのプチプラBB・CCクリームは大人肌にはおすすめしません

ドラッグストアで販売してあるsugaoやフレッシェルなど1000円台のプチプラ商品と、このサイトで紹介している商品を比べてみると、ドラッグストアで売っている方は伸びが悪かったりムラになりやすかったりとあまりおすすめできません。

 

また、ドラッグストアにあるCCクリームは、石けんで落とせると書いてある商品も多いのですが、実際は肌残りが心配されますのでしっかりクレンジングを使って落とすようにしましょう。

 

【広告】
毛穴クレンジング人気はこれ!

 

大人肌のベースメイクを選ぶときのポイント

BBクリームやCCクリームにはたくさんの魅力的な商品があふれています。
自分にあったものを選ぶには、どこをポイントとしてみたらいいのでしょうか?

 

乾燥肌なら保湿成分をチェック

乾燥気味の肌なら、保湿成分をチェックして選びましょう。

 

人の肌に含まれる保湿成分と同じ「セラミド」が入っているものを選ぶと、乾燥しがちな季節にも対応できます。

 

25歳以上の肌には「保湿成分・ハリを補う成分」がとても大事です。

 

1000円台で買える商品は20代前半向けに設定してあることが多く、保湿成分が不十分な物が多いです。

 

紫外線対策を重視したいなら紫外線反射剤入りを選ぶ

夏場の紫外線対策も、日常使いならSPF25以上の多機能性クリーム1本で大丈夫!

 

また、肌が敏感肌などデリケートな人は紫外線反射剤が入っているか、紫外線吸収剤が入っているかチェックしましょう。

 

紫外線吸収剤は紫外線をカットする力が強いけれど、肌へのダメージが大きいです。

 

紫外線吸収剤が入ったものはなるべく選ばないようにします。

 

お肌への負担が少ない紫外線反射剤が入ったCCクリームを選ぶと、長時間メイクしていても安心です。

 

口コミを見てみる→自分の肌質に近い人の意見を参考に

せっかく通販で選べるのだから、口コミで満足度の高い商品を選択するのも一つの方法です。

 

また、自分の肌質にあった商品を選ぶようにしましょう。

 

ニキビや吹き出物ができやすい人も、30代であれば乾燥肌が原因になっていることがほとんどです。

 

自分肌質をもう一度よくチェックしてみましょう。

 

安心できるブランドを選ぶ。返品保証があると選びやすい

通販で心配なのは、直接肌につけて試すことができない、ということです。

 

国内のブランドであれば、返品や交換OKというところを選ぶと安心ですね。

 

海外のコスメを選んで、外国人との肌質が違いすぎて色や使いごこちが合わないという感想はよくあることです。

 

通販とドラッグストア、それぞれで選ぶことのメリット

ドラッグストアやコスメコーナーでもたくさんあるBBクリームですが、店頭で選ぶと楽しいけれど迷ってなかなか決められないという人も多いですよね。

 

色味やテクスチャはドラッグストアで選ぶとすぐにわかりますが、実際に顔全体に使ってみないと使い心地はわかりにくいものです。

 

通販でしか買うことができる商品は、配達されるまで色やテクスチャがわからないのがデメリットといえます。

 

逆に通販のメリットは、初回はお試しで安く買えたり、気に入らないときの返金保証がることです。

 

迷う時間も無駄にならないので、忙しい女性にぴったりの選択肢です。

 

BBクリームやCCクリームはシミ・たるみ防止になる

BBクリームやCCクリームを毎日使うことで、ベースメイクが簡単になるだけでなく、実は肌を摩擦する回数を少なくすることができます。

 

化粧品をつけるときに肌をこすると、それだけでシミやたるみの原因になり、回数が多ければ多いほど老化がすすんでいくのです。

 

BBクリームやCCクリームを使うことで、先々の老化を防止していることと同じ効果が得られているなんて、すごいことですね。

 

今現在、肌の保湿がしっかりできているか、紫外線対策ができているかで40代、50代になったときの素肌が変わってきます。

 

20代から30代の10年間と、30代から40代の10年間は、同じ10年なのに大きな違いがでてきます。

 

しっかりケアして、いいとこどりの時短コスメを使いましょう!

 

公式サイトへ真夏も頼れるマキアレイベルの公式サイトはここをクリック